議会の品位を汚しているのはだれ?~女性への暴行やストーカー行為をした委員長には懲罰委員会を設置せず" />
本日 160 人 - 昨日 214 人 - 累計 202956 人
  • 記事検索

RSS

議会の品位を汚しているのはだれ?~女性への暴行やストーカー行為をした委員長には懲罰委員会を設置せず

議会の「リーダー的存在」は、議長、委員長職の議員の方々である。この議会の有力議員たちが、議会でどんなに暴言を吐いても、職員を怒鳴りあげても、だれも注意しない。見て見ぬふり。・・・・・・・・・・5月28日、委員会室で執行部の議案説明を聞いていたら、外の廊下で職員を怒鳴る声がした。「・・・やろうが!」あの声の特徴でだれかすぐわかる。今回、私を「議会の品位を汚した」として懲罰動議に3番目に名を連ねた委員長職の議員だ。部長や課長は自分の部下ではないのに、まるで社長が平社員を怒るように怒鳴っている。この人たちは、自分のパワハラ体質にまったく自覚がない。最悪だったのは、去年、委員長職のN議員による女性への暴行事件とストーカー行為が警察沙汰になり、新聞報道されたとき。このとき、「議員を辞職させるべきだ」と言ったのは日本共産党だけで、だれもこの議員を「議会の品位を汚したから懲罰にかけよう」とはしなかった。市長の従兄弟で、副議長も務めた自民系の最有力議員だから、強く非難する議員はいなかった。それどころか、「結婚した男に近づいた女性の倫理観がおかしい」とかばう議員もいた。この人が、今回、私の懲罰を検討する懲罰委員会の委員長だ。          ×    ×    ×    ×  つまり、糸島市議会では、女性に暴行したり、ストーカーをしても懲罰委員会設置の対象にはならないが、伊藤千代子なら「いじめやないの」と言っただけで、懲罰委員会が設置されるのである。この人たちにあるのは、女性の人権や議会の品位を守ることではない。「市の癒着・馴れ合い疑惑を追及する伊藤千代子憎し」ただそれだけだ。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):