野いちごつまめる自然を・・・やはり心配な電源喪失" />
本日 46 人 - 昨日 216 人 - 累計 170203 人
  • 記事検索

RSS

野いちごつまめる自然を・・・やはり心配な電源喪失

「子どもたちの未来を、放射能の汚染から守りましょう」今日、市役所の前で演説した。子どものとき、泥んこになって思い切り遊び、運動会で走った後の母のお弁当のおいしさ。だれにでもある忘れられない幸せな思い出。学校帰りに道草食って、野いちごつまんだり、野ぶどう口に放り込んだり、桑のみ食べたり、暮らしはぜいたくではなかったけど、周りの自然に放射能の恐怖はなかった。大地や空気や海が目に見えない放射能で汚染されたら、人類はどうやって生きていくのか。今日、九電さんが議会に来て、津波で電源が喪失しても大丈夫との説明があった。ひとつは、非常用電源。しかしこれは、私の質問で、制御室や弁の開閉など最低限の電力だとわかった。核燃料を冷やす目的ではない。では、核燃料を冷やすのは、どうするの?原子炉を停止してもまだ熱が出る。圧力容器から電気系統へ行く弁を閉じて、自らの冷却に使うという。つまり自らの電力で冷やすということ。どれくらいの時間もつのですか?わかりません。その間に外部電源を確保するのでしょう。外部電源をかくほするため、仮鉄塔を建設するというけど、訓練のようにうまくいくかしら。訓練した日はよい天気で、風もなく、雪も雨もなく、抜群のお天気のだった。鉄塔にのぼるのも気持ちがよかったでしょう。しかし実際、原発事故が起きるのは、どんな嵐の日かわからない。地震の余震が頻発しているかもしれない。たった1回の訓練で大丈夫とは言えない。せめて、悪天候の日、放射能が漏れたのを想定した日の訓練も必要ではないの?地震で圧力容器は壊れなくても、無数の配管が壊れるかもしれない。配管はいくつあるのですか。わかりません。わかる人をお願いします。玄海原発の36年間で、炉心にどれだけの放射能がたまっているのかも。広島の何千、何万倍の死の灰がたまっているのか?国は簡単に許可をださないで。ひとたび事故が起きたら、その被害はあまりに大きい。人も動物もすめない世界になってしまう恐れがあるのだから。14年前、アメリカのネバダに核実験の調査に行く機会があったが、あのときの現地の人(ネイティブインディアン)の話を思い出す。「土地は祖先と未来の世代からの預かり物」ほんとうにそう。


関連記事
NO IMAGE
トマトの丸かじり (05月20日)
NO IMAGE
復活します! (02月05日)
NO IMAGE
つぶらなヒトミのカレ (06月26日)

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):