九電の旧営業所への図書館移転に反対~交通のはげしい国道沿いは危険です。" />
本日 117 人 - 昨日 201 人 - 累計 171070 人
  • 記事検索

RSS

九電の旧営業所への図書館移転に反対~交通のはげしい国道沿いは危険です。

市は、昨年、九州電力に頼まれ、10年間使っていなかった古い営業所(築33年と築21年)を6千万円で購入し、今年度から4億円かけて整備します。交通の激しい国道の前に図書館を移転するのは、非常に危険です。6月議会では、図書館移転の工事予算に私が反対討論をしました。結果は、反対が、いとう、やなぎ、他1名(寺崎議員)の3人でした。※いい図書館をつくっているところは、どこも市民と協働してその信頼関係の中でよいものができています。「市はもっと市民を信頼して、市民の声を聞けばいいのに、どうして押し付ける様なことをするのでしょう?」と図書館で読み聞かせのボランティアをしていた方が言っていました。同感です。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):