一度も協議していない会社に2億円の財産をタダで貸す" />
本日 51 人 - 昨日 216 人 - 累計 170208 人
  • 記事検索

RSS

一度も協議していない会社に2億円の財産をタダで貸す

木材の香りのするバンガローや、広々とした野外炊事場、大小そろった木の研修施設、すてきなデザインの水洗トイレ、こんな建物が14個もあるキャンプ場と、広い広い公園、それに遊歩道などと、広大な山林を、無料で10年間も、ある会社に貸すという。議員に議案を配った2月23日の前の日、2月22日にできた会社。会社とは、まともな協議を1回もしないで、市民の財産、(行政財産!)を、何の担保もなしに貸すとは、もう行政の私物化としか思えない。北新地の地区計画でもダミー会社がでてきたし、県のリサーチパークの土地取得の時も、ダミー会社、いわゆるペーパーカンパニーが活躍した。今回も、事業実績はまったくない。「住所は正確でないし、電話もない」委員会でそういうと、ある議員が、「性善説よ、いとうさん」と賛成の意見を述べた。市長や議員の財産なら、どうでもいい。しかし税金でつくった施設や公園を、どうしてお酒の販売をする業者に、無料タダで貸すの?条例違反を承知で出してくるとは、政治倫理どころではない。近くには、名水も湧き出ているこのすばらしい二丈の宝を、守らなきゃ。採決は、26日。(今議会に出ている議案14号には、地方公共団体のふつう財産は、国や他の地方公共団体にしか、無償で貸せないと書いてある)ついでに言うと、富士のフォレストアドベンチャーの事業主体は、勝山耕地整理組合。元助役が組合長。県有地を一部借りているが、年間借地料をきちんと収めている。ただで貸すとか、議会直前にできた会社にという話に、向こうの人もびっくり仰天していた。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):