見積り取らず2億円近い電化製品の買い物!~議員に商品の説明もなく…" />
本日 108 人 - 昨日 201 人 - 累計 171061 人
  • 記事検索

RSS

見積り取らず2億円近い電化製品の買い物!~議員に商品の説明もなく…

2月16日の臨時議会で、1億8879万円の随意契約議案が出された。 防災行政無線の整備事業費。 契約相手方は、日本無線(株)九州支社という東京本社の大企業 戸別受信機を2200個買う・・・1億3千万 無線室のデジタル化等の整備費・・  5800万円「一度に2200個も受信機を買うのに、なぜ1個5万5千円もするのか?他の自治体では4万円前後だ。高すぎる。三菱や富士通、沖電気など、他の企業も受信機を作っている。見積もりは取ったのか」と聞くと、市は「見積もりはとっていない」。しかも、議会にその受信機の説明をしていないのだ。「自分の家で電化製品を買う時は、きちんと商品を確かめて購入する。市民の税金で、5万5千円の戸別受信機を2200戸も買うのに、商品の説明もなく、議会に提案し賛成しろといわれても、判断できるわけがない」「自治体によっては、地元の家電協会と相談して、市内の業者から受信機を書くようにしているところもある。市内の電気屋さんと相談したのか」市~「していない・・・」地場産業の振興にならず、大企業位をもうけさすだけの買い物。これでは、税金が地元に還元しない。なぜいつも、こんな安易な契約をするのか?わずか10万、20万円を買いたたく市が。買い物で随意契約できるのは、条例では80万円以下である。採決の結果、反対日本共産党の3人。賛成 他全員。19人。市は、商品の説明をしなくても、議員は賛成すると甘くみている。疑惑表にまた一つ、項目が増えた。           



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):