700億円の借金を減らす計画なし!~合併協の財政計画" />
本日 301 人 - 昨日 261 人 - 累計 186647 人
  • 記事検索

RSS

700億円の借金を減らす計画なし!~合併協の財政計画

夕べの一市二町の合併協議会の住民説明会は、「志摩町や二丈町は、住民投票するのに、なぜ前原市はしないのか?市民の声を聞くべきだ」などと、強引に合併ありきで進める前原市に、批判がつぎつぎ。わたしが何より感じたのは、説明会なのに、「都合のいいことは言うが、都合の悪いことは言わない」ということ。新市基本計画に「合併後10年間の財政計画」と書いてあって、合併したら、基金(貯金)が33億円から45億円に、12億円も増えますよと書いてある。ところが、借金のことは、全く書いてない。「借金はどうなのか?」と質問がでると、市長は、いくらあるとの答弁を避け、「適度な借金は必要」とごまかした。財政担当者も「年に支払う公債費(借金のローン)が、36億円から26億円になる」と説明はしても、絶対に総額いくらあるか、言わない。これはまるで、つぎつぎとローンの契約をさせて、お年寄りをだます詐欺商法みたいといわれてもしょうがない。月々いくら払えばいいんですよと、ローンの支払いの額は言っても、総額いくらの借金になる、元金がいくらになると、絶対にいわないあの商法。一市二町のかかえる借金は、およそ700億円。それが適度な借金ですか?貯金が12億円増えたって、焼け石に水。これをどれだけ、どう減らすかの計画こそ、一番関心のあることなのに。「次の合併協議会の説明では、それを提出すべきだ」と最後にわたしが要望したが、たぶん聞くだけで、出さないでしょう。なぜなら、合併浄化槽の設備が65%も普及した二丈町で、下水道工事したらいくらかかるのか?中央ルートや産業団地の工事をしたら、またいくら借金が増えるのか?そういうことまで明らかにしないと、正確な数字を出せないからです。なにより、700億円もの借金を知られたくないでしょう。700億円もの借金を「適度な借金」とたいしたことがないように言う市長には、あきれました。市は、「なぜ夕張市が財政はたんしたのか?」と聞かれて、4点答え、最後に「議会と住民のチェックが甘かったから」と言った。みなさん、市民が無関心でだまっていたら大変なことになるよと、市は教えてくれたのです。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):