正社員になりたい!人間らしく働きたい!" />
本日 45 人 - 昨日 216 人 - 累計 170202 人
  • 記事検索

RSS

正社員になりたい!人間らしく働きたい!

1995年に労働者派遣法ができると、企業は正職員で雇わなくなり、多くの若者が、何の保障もない派遣で働かされるようになった。正社員でも、「イヤならやめな」とばかりにサービス残業させられ、体がボロボロになってしまうケースも出ている。娘が、せっかく大学での知識を生かして勤めたのに、毎日12時までサービス残業させられて、病気になるか、過労死するとやめさせた・・・こんな話がめずらしくない。フリーターの平均年収は、140万円。汗して働いても食べていけない世の中はおかしい。前原市にもついに、ネットカフェなるものができた。社会のセーフティネットからこぼれ落ち、親の援助も受けられない若者が、失業で即アパートや寮を追い出されると、ネットカフェ難民となり、さらに就職を見つけるのが困難になる。8年前、デンマークに行った時、向こうに住む人が、「この国では、学費は大学院まで無料よ。教育費の機会均等が実現してるの。それに、大学はいると、返さなくていい年金が月に7万出るのよ。親元はなれて、自立せよってこと」と言った。みなびっくり。日本では、受益者負担だ、大学行くなら金は自分で出せと、世界一学費が高い。スエーデンなどの北欧では、資本主義社会でも、社会主義のいいところを取り入れ、医療費も学費も無料。年金も充実。年取って、働く人は少ないと言った。ボランティアや旅行が人気があると。日本が目ざすべきは、アメリカのような弱肉強食の軍事国家ではなく、福祉、教育を大切にする国づくりではないの。このまえ、知り合いのおじさんに会ったら、「いとうさん、蟹工船はもう流行語になったね。タクシーの運転手さんに、景気どうね?ときいたら、「蟹工船たい」と答えたよ」と。小林多喜二のころと変わらない労働者の苦しみ。じっと手を見る。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):