本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

谷口副市長「責任を問われるようなことはない」と言うが~きららの湯の無償譲渡⑤

D48AD8B8-4AFA-46FD-B1A9-082557C187A9
糸島には美しい海が広がる。きらら温泉の真ん前も海。写真は福吉のあたり。

副市長「運営能力は十分にあると判断した。責任を問われるようなことはない」と言うが…
2017年3月14日、一般質問より

〇17番(伊藤千代子君)事業報告書、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、を業者選定で市が求める理由は何か。

◯健康増進部長
経営状況が明らかになる資料として求めている。

◯17番(伊藤千代子君)
きららの湯の移管先を決める応募要項には、「法人の経営概要がわかる書類を直近3年度分出しなさい」とある。
応募要項を厳格に守ることが公務員の責務だ。
この会社は、会社を設立して2年にしかならず、1期分しか出していない。明らかに応募要件を満たしていない。

◯健康増進部長
会社の設立年数は条件としておらず、直近分の書類として求めることとした。

◯17番(伊藤千代子君)
社長は、申請書に「応募に際し、応募要件を満たしていることを確約します」と書いている。
応募書類を3期分出せと書いてあるのに1期分しか出していない。虚偽の記載だ。ずうずうしい。
これを見逃したのは誰の責任か。
 
◯副市長(谷口俊弘君)
御指摘のとおり、日食システムは平成26年6月に設立された会社で、3期分の決算書を示す資料はない。
だから1年分の決算について審査を行ない、運営能力は十分にあると判断した。責任を問われるようなことはない。


※ちよ子の視点
三期分出せなかったら、行政手続法に則り失格にすべきです。「だから1年分ですませた」とは、公務員とは思えない不公平な対応です。
谷口副市長は、きららの湯の前にも、松本前市長の命令で、存在しない会社を「ある」と偽り業者選定した経歴があります。(財産の無償貸付のブログを参照)
会社がなく登記簿がないので、なんと社長になる予定の人の運転免許証を使って審査しました。
特定業者(人)のためなら、隠れて何でもする市役所です。恐ろしいことに、失格とすべき申請書を受理した不正は、他にも色々あります。

私が「公平性がない」、「地方自治法や行政手続法上おかしい」と指摘しても、開き直りの答弁でごまかし、反対に私が大勢の議員から怒鳴られました。不当な出席停止の懲罰や辞職勧告も受けました。
7,8年前から私はストレスで胸が苦しくなったり、動悸で息が苦しくなったりする症状に悩まされ、2年前には議会から救急車で運ばれました。

「地方自治法に違反しても警察は入らない」、「すべて多数決で決まる」というおごりが蔓延しています。
政治が過ちを犯すと、ばく大な税金が無駄になります。よって今年からは個人名をあげて批判をさせていただいています。

きららの湯の無償譲渡について、会議録で振り返りました。
あしたは、最新の「ちよ便り17号」をアップします。


#伊藤千代子#糸島市議会議員#きららの湯


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):