本日 6 人 - 昨日 155 人 - 累計 63461 人
  • 記事検索

RSS

施設カルテの虚偽を許すな~公文書偽造は犯罪

67775BE9-17F1-4A7B-8474-F8CEFD1FABF0
施設カルテについて市が説明した文書
http://www.city.itoshima.lg.jp/s043/010/010/010/010/004/20190619145131.html

施設カルテの虚偽を許すな~公文書偽造は犯罪

施設カルテとは、糸島市にあるさまざまな施設の概要をまとめた重要な公文書です。
病院で患者一人一人にカルテがあるように、市の施設にもそれぞれカルテがあります。
施設カルテは議員全員に配布され、インターネットで一般社会に公表され、だれでも見ることができます。

ところがその施設カルテに大きな虚偽、偽りがあった
まず、市が「フォレストアドベンチャーに貸付するために廃止した」と議会で答弁した森林公園樋の口ハイランドが、存在する施設としてカルテに堂々と載っていること。
そのうえ「委託契約書」が存在しないにもかかわらず「運営方法 包括委託」と虚偽記載をしていること。
さらに廃止したはずの樋の口ハイランドの「利用者数」が3万7千人以上と、事実無根の虚偽があること。
これらが6月議会の私の一般質問で明らかになりました。

しかし「議員に配った公文書にウソがあっていいのか?」と疑問を発する議員はいません。
これまで同様、まったく完璧に無視しています。なぜでしょう?
まさか公文書に虚偽があってもいいと、思っているのでしょうか?
それとも「それぐらい、いいっちゃないか」と思っているのでしょうか?
もしかして「そのことは知っていたばい」とでも言うのでしょうか?

2017年の9月議会で、私が「○○の株を持っていた」と言うべきところを「持っている」と言い間違えただけで、「うそつくな!」「調査が足らん!」と怒って懲罰委員会を立ち上げた、あのときの勢いはどうしたのでしょう?
議会は、行政をチェックすることが最も大切な仕事ではないのですか?

見えすいた虚偽記載
虚偽の公文書を作らされる職員たちは、腐敗した政治の犠牲者です。
こんな見えすいた虚偽公文書の作成が平気でできるのは、上層部の公務員倫理が相当麻痺していることと、議会がそれを黙認してくれると強く確信しているからです。(そもそもフォレストアドベンチャーの口利きをしたのは、当時の建設産業委員会の有力議員でした)。

インターネット上に公表された施設カルテを見た国や県の職員、一般社会の人々は、「樋の口ハイランドが包括委託で運営され、利用者が3万人以上あるきちんとした施設」という間違った情報を信じてしまいます。
「包括委託」や「利用者数3万〇〇人」がウソ偽りだと、だれにもわかりません。
市が意図的、組織的に虚偽の公文書を作成し、真実ではない情報で市民・社会をだますのは、卑劣な犯罪です。

公文書偽造は公務員にとって重い罪。虚偽公文書作成等罪(刑法第156条)にあたります。
そんなことを市役所ぐるみでやるなど「想定外」。「ありえない」とだれでも思うでしょう。
しかし「事実は小説より奇なり」。

「なぜ市役所ぐるみで施設カルテに虚偽記載をする必要があったのか?」
その謎を解くカギは、平成24年の公文書にありました。(つづく)

E5BD0DB3-3508-487B-873A-8241ABAC5653  390CCC98-B63B-444C-858F-2180B120C85B
左 施設カルテ「樋の口ハイランド」は虚偽。
右 施設カルテ「真名子木の香ランド」は真実。


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):