「2億7千万円の公共施設を、タダで差し上げます」とは!…~ラドン温泉きららの湯は、市長の私物ではありません" />
本日 158 人 - 昨日 214 人 - 累計 202954 人
  • 記事検索

RSS

「2億7千万円の公共施設を、タダで差し上げます」とは!…~ラドン温泉きららの湯は、市長の私物ではありません

二丈温泉きららの湯は、年間15万人以上が利用し、市民の健康増進と医療費及び介護費用の削減に、大きな効果を発揮しています。そのきららを、3月議会で市は、「市内業者に無償譲渡する(無料であげる)」と決定しました。反対したのは、私と柳明夫議員の二人だけでした。しかし、きららは市民の大切な財産。市長の私物ではありません。まさに、前代未聞の決定です。私の議会質問で、きららの建設費は、8億3100万円、資産価値は2億7千万円とわかりました。本館は平成15年、別館は平成21年に完成し、まだ新しい施設です。市は無償譲渡の理由を、「大規模改修に費用がかかる」とか、「運営費が削減できる」と言いますが、タダであげる理由にはなりません。                          つづく



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):