「旧波多江公民館を残してほしい!」~波多江公民館の政治学級で・・・" />
本日 43 人 - 昨日 215 人 - 累計 169984 人
  • 記事検索

RSS

「旧波多江公民館を残してほしい!」~波多江公民館の政治学級で・・・

5月15日は、波多江公民館の政治学級によばれて、地元議員3人のうちわたしと三嶋栄幸議員が出席しました。今年オープンした新しい公民館は、5月のさわやかなひざしをあびて、広々ときれいでした。三嶋議員と二人で交代で、議会改革や市政へのおもいを熱く語りました。和やかで、活発な意見交換会は、とても楽しく、あっという間の2時間でした。        ×     ×     ×みなさんの大きな関心のひとつは、旧波多江公民館の解体でした。築30年でまだ十分使える施設を、1100万円で解体するのは、あまりにもったいない。多くの住民が、とくに池田住民が、川を越えて、この公民館に通うのはとても大変と、サークル(公民館の講座受講生)をやめた人たちも・・・しかも大雨の時、池田住民が川をわたって現公民館に避難するのは危険です。駅に近いこのすばらしい公民館は、高齢者の憩いの場、健康づくりの場になっていました。ぜひ残してほしい、と。3月議会で、この件を質問したのは、私と三嶋議員と二人だけでした。今朝、近所で高齢の方々が集っていらしたので、話をすると、やはり公民館の解体の話をされていました。「市長に直訴しようかというひともおるとですよ」とおっしゃるかたも。市民協働のまちづくりが、いよいよ問われるときです。あとで、旧公民館の写真をアップしておきます。施設をめぐるバスの充実や、スポーツ施設の充実、それによる高齢者の健康維持は、医療費を削減し、市の財政を助けると、話がはずみました。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):