青い空は青いままで・・・核実験も民間委託のアメリカ" />
本日 161 人 - 昨日 214 人 - 累計 202957 人
  • 記事検索

RSS

青い空は青いままで・・・核実験も民間委託のアメリカ

暑い、暑い。頭くらくら。倒れそう。よくこの炎天下に、何キロも歩くね。信じられない。すごいねえ。平和行進だからですよ。原爆で焼け死んだ人たちの事を思えば、不思議と歩けるんです。いっしょに歩きませんか。「ノーモア・広島、ノーモア・長崎」「核兵器の廃絶を」と、毎年、北は北海道から南は沖縄まで、全国津々浦々から被爆地へむけて、10万人が参加する平和行進。「青い空は、青いままで、こどもらにつたえたい・・・」と、時には歌を歌って。糸島の平和行進が今年も無事に終わってよかった。古川議員のように鹿家から周船寺駅まで歩いた人もいれば、1キロだけの人もいたけれど、のべ70人が参加した糸島の平和行進。8月9日、長崎で開かれる原水爆禁止世界大会へ、いっしょにいきませんか?そういえば、10年前、被爆者や科学者と、アメリカの核実験被害の調査に行く機会があった。アメリカは、およそ1000回の核実験で、国内に100万人もの被曝者がいる。一度核実験するのに、2億円かかるとか、言っていた。しかもその実験をするのは、民間の軍事会社。核実験を民間委託していると知って、ほんとにびっくりした。核実験するたび、ぼろもうけ。軍需産業はやめらない。いまやイラクでもさまざまな軍事サービスを民間企業がしている。人を不幸にする戦争ではなく、人々の幸せにつながる仕事こそ、必要なのに。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):