自校直営のすばらしさ・・・前原市の給食で中国産の加工食品は?" />
本日 295 人 - 昨日 261 人 - 累計 186641 人
  • 記事検索

RSS

自校直営のすばらしさ・・・前原市の給食で中国産の加工食品は?

「どうなんですか?前原市の学校給食でもつかているんですか、中国産の加工食遺品」若いお母さんが、心配して電話かけてきた。教育委員会に聞くと、昨年の5月ごろ、学校給食安全会を通じて中華ちまきを利用した。その一件だけという。「安全に問題ないとのことです・・・」市の小学校は自校直営で、農家と協力して地産地消の給食を心がけている。学校給食の評判は大変よい。ハンバーグでも、コロッケでも、カレールーでも、とにかく手作りというのが、すごい。うちのご飯より、学校のご飯がおいしいという子供たち。「中学校給食も、センター方式ではなく、自校直営で」と2万も署名集めたんでしょ。センター計画を打ち破ってよかったですね」と別なおかあさん。きのうの西日本新聞によると、ある給食センターでは、「(日常的に、)中国産の加工品を使っている」ようで、困惑していた。ところで、食料の6割以上を輸入に頼る「輸入大国日本」で、輸入食品の検査はわずか10%。9割は、無検査。しかも、加工食品は手つかずの状況。全国の港や空港の検疫所に配置されている食品衛生監視員は、わずか334人。だから、200万件の輸入食品の届けがあっても、残留農薬の検査は、2万6400件。1割しか調べられない。まずは、3000人体制にして、検査率を7割以上にあげること。食品の安全、国民の健康を守るために、必要な公務員。(300億円かかるようだが、自衛隊員は、24万人もいる)政府の遅きに失した対応や、安全チェック体制の欠陥があらわになった。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):