恐るべし!ストレス" />
本日 1 人 - 昨日 197 人 - 累計 169727 人
  • 記事検索

RSS

恐るべし!ストレス

「いとうさん、手を振ったのに、シカトしたわね。どうしたのよ」「あっ、ごめん。最近、ストレスと眼精疲労で視力が落ちて、人の顔がよく見えないのよ。」「メガネを買い換えれば、すむじゃない」「うーん。これ以上強くすると、頭がいたくなっちゃうでしょ。パソコン、見るのも苦になるのよ。」「仕事減らしな!」地域でわたしが知っている薬害肝炎の被害者のみなさん。裁判の支援に通っているご夫婦もある。先日のテレビのニュース、「厚生労働省」が、薬害肝炎被害者の名簿を倉庫に置きっぱなしにしていた…裁判をたたかっている女性が、涙を流しながら抗議していて、胸を打たれた。不当なことはたくさんあるけど、ストレスに負けずに、たたかい続けよう。さっき、ある老婦人と道で会話。ゴミ置き場にゴミ出しにいくとちゅう、水路に落ちて大怪我をした。それ以来、足が悪くて病院通い。外出は電動車いす。「年寄り夫婦や障害者には、ゴミ捨て場まではきつい…。これがストレスよ」と。100メートル以上、離れたごみステーションまでもって行くところもある。市民から上記のような要望があれば、戸別収集で、家の前に置いても収集できるように、サービスをすべきなのです。なぜなら、そもそも、ゴミ収集は、一戸ごとの収集代金を業者に払っているのだから。年間3億円ものばく大な収集料金を。



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):