品性ないパワハラ議会・・・「おい!○○! ちょっと来い!」" />
本日 142 人 - 昨日 214 人 - 累計 202938 人
  • 記事検索

RSS

品性ないパワハラ議会・・・「おい!○○! ちょっと来い!」

「おい!○○! ちょっと来い!」 委員長職の議員が大声で叫んでいる。 6月議会の議員控え室。 げらげら笑い声にまじり、 議会事務局の職員が走っていく。 「おい、○○!」 今日は何べん叫んだろうか。 自分を何様と思っているのだろう。 今まで何度も注意した。 昨年の12月議会では、議員全員の前で。 でも治らない。   「人権、人権」といいながら、 議員の横暴には、まったく口が出せない市の執行部。 職員は議員の家来じゃないのよ。 呼び捨てにされていいはずないでしょう? そして16日の議会最終日。 控え室に議員がそろったところで、議長にお願いする。 「職員を呼び捨てにし、呼びつけるような議員はきちんと注意してほしい」と。そして、 「次の議会までに改善しなければ、議会の品性を損なうとして、懲罰にかけていただきたい」と。  議長は一言、「それぞれ気をつけるように…」 糸島市では、1年前、上司と議員のパワハラを苦に、過重勤務状態にあった担当課長が自殺した。 その教訓が何も生かされていない。 9日の一般質問のとき、 △△委員長と××委員長がぺちゃくちゃおしゃべりして、執行部の答弁が聞こえないので、 「静かに。聞こえない」と注意すると、 「「聞こえよろうが!」と開き直って怒鳴る。 市議会に初当選して、希望を胸に議会に出かけた日。 当時の議長に「貴様!」と怒鳴りつけられ、心底驚いたあのときから、 14年。  インターネット中継が始まって、だいぶましになったがまだまだ・・・ 解決策は、ひとつ。市民の目。        



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):