本日 238 人 - 昨日 227 人 - 累計 154612 人
  • 記事検索

RSS

前市長を市が表彰したのは犯罪の隠ぺいと同じ~ちよ便り解説⑹

「虚偽の議案」を議会に提案し市の財産を無償譲渡した前市長を表彰
EE663235-0C76-42FD-8F27-B7C498CB86D2
広報いとしま 2017年10月15日号。私が議会で辞職勧告にあった直後、今度は市が松本嶺男前市長を自治功労者として表彰するという記事。

「虚偽の議案」を議会に提案し、議決させ、雷山保育所と井原保育所を無償譲渡した松本前市長。まさに犯罪だが、その前市長を月形市長が表彰した。
それは現執行部もまた、神在保育所の無償譲渡で同じことをしたということ。犯罪の隠ぺいに他ならない。
46394659-EBE1-452B-9638-0554E1D4BB5F

それについての厳しい批判を私は2017年10月24日のブログを書いた。
2017年10月24日のブログ

このブログをインターネットで配信しても、前市長は私に直接、苦情ひとつ言ってこなかった。警察に相談したが、結局取り下げた。

8年数か月の在任中、前市長は言葉巧みに議員の土地の不適切な開発、官製談合、部長のワイセツ事件の隠ぺいなどあらゆる悪い事を無数に実行した。
市と議会がそれらすべてを黙認、隠ぺいすることで、今も功労者として社会を欺いている。
市の執行部と議会主流派が癒着すれば、どんな不正も犯罪も思いのままという仕組みが前原町の時代からずっと続いて市の財政と市民生活を苦しめていると考え、私は彼らと闘ってきた。

議会の議決という形だけの不正な無償譲渡の数々。
警察が入って徹底的に調べてほしい。それが法令遵守を願う市民の願いだ。


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):