加布里の国道赤坂橋の架け替え工事が年内に完成へ…生活に必要な道路の整備はきちんと!" />
本日 54 人 - 昨日 215 人 - 累計 169995 人
  • 記事検索

RSS

加布里の国道赤坂橋の架け替え工事が年内に完成へ…生活に必要な道路の整備はきちんと!

2003年(平成15年)からはじまった国道赤坂橋の架け替え工事が、年内に完成する。(仮橋の撤去など一部の工事は年を越すが…)長い間、工事中で通りにくく渋滞状況になることもあったので、近隣住民、関係者に喜ばれるだろう。橋の前後の歩道の整備を含め、22億円の事業費がかかったが、多くの人にとって、必要なインフラ整備、生活道路の整備はきちんとしてほしいもの。築90年だった赤坂橋。大雨のたびに増水して道路にあふれたり、みんな心配していた。今までありがとう。そしてまた、これからもよろしくお願いします。波多江校区に築80年の久保田橋があり、これもかなり老朽化し、狭いのに交通量が多く、交通事故もおきて地域住民が不安をかかえている。これは市道の一部なので、市の責任で架け替えなければならない。県が東風校区の潤につくっているあの中央ルートの国道北側だけで、40億円。住宅の移転補償費が一番大きい。ムダな事業をするのは、なんともったいないことか。     ×    ×    ×今日、衆議院が解散した。生活に苦しむ人がこんなにいる時代に、税金のムダづかいをやめれば、もっともっと多くの人が救われる。今日は建設産業委員会があり、また驚くようなことがあった。それはまた今度…



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):