地権者がだれかは、次元の低い話か?" />
本日 83 人 - 昨日 197 人 - 累計 169809 人
  • 記事検索

RSS

地権者がだれかは、次元の低い話か?

産業団地の工事を続けて受注したH建設の社長は、3つめの「前原西部産業団地」の大口地権者でした。(西部産業団地の開発予定区域は、24ヘクタール)地歴を調べ、地図に落としてみると、予定地の3割近くにもなる。「開発区域内の山林を買い広げ、バイパスからの道路になる用地も取得してあるようだ。この開発で山林が何億円にもなり、土地ころがしの疑いがある。産業団地の指定区域からはずすべきではないか」と、九月議会で市長にたずねると、「地権者がだれかなど、次元の低い話。開発区域として議会で議決いただいている」と述べ、計画通りすすめる意向。地権者がだれかは、次元の低い話ですか?重要なことでしょう?市長は、県の企画振興部長のとき、リサーチパークの大口地権者であるS社に、お宅の土地を開発したいと、事前にお願いに行ったではないですか。それで、県は、20ヘクタールもの土地をこの会社から取得したんでしょう。その土地から、ヒ素や鉛などの有害物質や、産業廃棄物が出て、県は大損害をこうむりました。新聞、テレビにも大きくでました。ついこの間のことです。6月号の前原の風に書きましたから。もう忘れたのですか?



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):