こんな入札あり?99%、98%の異常な高値落札は、市財政に打撃" />
本日 109 人 - 昨日 201 人 - 累計 171062 人
  • 記事検索

RSS

こんな入札あり?99%、98%の異常な高値落札は、市財政に打撃

前原市では、4月から8月までに、3千万円以上の下水道工事の入札が7回行われた。7月17日に5回、8月22日に2回。7月17日にあった分で、予定価格に対する落札率は、    工事①、99% 落札額は、3250万円      工事② 98%      6900万円    工事③ 98%      7600万円    工事④ 96%      4850万円    工事⑤ 94%      4850万円◎予定価格は、事前公表していない。〇条件付一般競争入札。条件とは糸島地区に限定してあるから、6~8業者。指名競争入札と変わらない。。全国オンブズマン連絡会議によると、「落札率90%以上の入札は、談合が疑われる」そうだ。工事①の落札率99%の時、なんと、他の5業者もすべ99%台で入札していた。予定価格は3279万9千円。二位以下は、3250万円、3255万円、3260万円、3265万円、3268万円、3270万円。予定価格も分からないのに、こんなことがなぜできるの?8月22日にあったのは、    工事① 98%  落札額は、3900万円    工事② 96%       3770万円気がついたのは、この7つの工事全部の入札に参加している業者が1社ある、ということと、市がこの入札をおかしいと思っていないこと。異常な高値落札が続くと、市財政への打撃は大きい。財政難に拍車をかけている。私に電話をくれる業者さんたちは、「予定価格がもれて、談合があったとしか思えない」と言うが…続く~



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):